フリーランス

雇われ美容師スタイリストとフリーランスの業務の違いとは?

雇われスタイリストとフリーランス美容師の業務の違いとは?

最近、サロンに雇われない“フリーランス美容師”という新しい働き方が話題になっています。

「でも、そもそも雇われ美容師とフリーランス美容師の違いってなんだろう?」

そんな疑問に答えるために、この記事では2種類の働き方の違いを詳しく解説していきます!

 

雇われ美容師の業務(スタイリストの場合)

雇われ美容師は、他のスタッフと連携して業務に当たることが多いです。

お店が忙しい時は他のスタッフのヘルプに入ったり、

また逆に自分のお客さんでもアシスタントに任せる場面もあるので、一対一でお客さんと関わる時間は短くなります。

 

また、アシスタントの教育をすることもスタイリストの大切な業務の1つです。

さらに集客も“お店のブランド力”に支えられている場合が多いのも、雇われ美容師の特徴の1つです。

 

フリーランス美容師の業務

フリーランス美容師は、雇われ美容師がお店に任せていた業務も全て1人で行わないといけません。

予約管理・材料管理・発注などは自分自身で行う必要があります。

またアシスタントがいないので、マンツーマンで接客をすることになり施術後の掃除・片付けも全て自分で行います。

集客は自分1人で行う必要があり、上手くいかなかった場合ははっきりと売り上げに現れます。

さらにフリーランス美容師になると、自分で所得や税金を計算して「確定申告」をする必要もあります。

 

やらなければならない業務がたくさんあるので、フリーランス美容師はただ高い歩合で働けるだけではないということを理解しておきましょう。

 

フリーランス美容師になると増える業務

  • 予約管理
  • 材料管理
  • 薬剤などの発注作業
  • 確定申告

 

フリーランス美容師はお店選びがかなり重要

フリーランス美容師として理想の働き方をするためには、お店選びがとても大切です。

 

同じお店で働いているスタッフがSNSで愚痴を言っていると、

「あのお店で働くスタッフは信用できない。」と、お店単位でひとくくりにマイナスイメージをお客様に持たれてしまいます。

 

有名な美容師がたくさん所属するお店の場合、店内が常に混雑して落ちついた空間をお客様に提供できない場合もあります。

せっかくマンツーマンでお客様に丁寧な施術ができるはずなのに、店内がザワザワ騒がしければ台無しですよね…

 

なのでお店を選ぶ時は「自分はどんな空間を作りたいのか?」を考えながら、慎重に選ばなければ後悔することになります。

 

以下に「フリーランス美容師のためのシェアサロンの選び方」の記事を載せておくので、フリーランスを本気で考えている人は読んでおくと後悔せずにすみますよ。

(まだ書いてない記事「フリーランス向けシェアサロンの選び方」挿入予定です!)

 

 

-フリーランス

Copyright © フリ美 , All Rights Reserved.