フリーランス

美容師アシスタントからフリーランスになれる?収入は安定しない?

アシスタントからいきなりフリーランスでスタイリストは可能?

「お店がいつまで経ってもスタイリストデビューさせてくれなくて…」

「いっそのこと自分で集客してフリーランスになってみたい!」

今現在美容師アシスタントをしていて、そう考えている人は少なくありません。

 

ぶっちゃけ、フリーランスになってすぐにスタイリストになることって出来るんでしょうか?

 

結論から言うと可能です

SNSやミニモなどのアプリを上手に活用すれば、お客様を自分のところに呼ぶことができます。

 

実際に入社1年目からInstagramやTwitterなどを使って、予約をいっぱいにしている美容師はたくさんいます。

そしてお客様を呼ぶことが出来たら、あとはあなたの腕と接客次第でリピートにつなげることができます。

 

SNSの活用の仕方や丁寧な接客は、美容師10年目もアシスタントも関係ありません。

あなたの考え方と行動次第です。

 

フリーランス攻略の鍵はSNS

フリーランスとして成功するためには、SNSを上手に使うことが大切です。

SNSでの発信を頑張ることで、「あなたに髪の毛を任せたい!」というお客様を増やしていくことができます。

 

そしてSNSの1番の強みは、全国のどこでも集客ができるということ。

上手にお客様を呼ぶためには、戦略を立てて運営していくことが何より大切になってきます。

 

お客様が満足すれば、アシスタントもスタイリストも関係ない

お客様にとっては、あなたが何年美容師をしているかは重要ではありません。

大切なのは「あなたがお客様をどれだけ満足させてあげられるか」ということです。

 

実際にスタイリストよりもアシスタントの方がお客様から好かれていて、アシスタントがスタイリストデビューしたときにお客様がそのアシスタントだったスタイリストに担当を変える

なんてことは日常茶飯事。

 

お客様があなたの作るヘアスタイルや丁寧な接客に満足・感動してくれたら、それ以上のことはありません。

 

アシスタントでもあなたにファンがいるならフリーランスも可能

もしも今、「あなたのことを気に入ってくれているお客様がいる」「SNSで自分のファンがいる」という状態なら、

フリーランスになってもすぐに集客できる可能性大です。

 

フリーランスになればマンツーマンで最初から最後まで施術できるので、今以上にていねいに一人ひとりのお客様に接することができるはず。

そうなれば、よりお客様に喜んでいただけて、あなたの収入は大幅に上がることでしょう。

 

フリーランスになると業務が増えるので注意が必要

フリーランス美容師のスタイリストと雇われ美容師のスタイリストとでは 業務内容が大きく異なります。

具体的な違いは以下の記事にまとめているので、フリーランスになることを検討しているならば、

一度読んでおくと、いざという時に焦らずにすみますよ。

雇われ美容師スタイリストとフリーランスの業務の違いとは?

雇われスタイリストとフリーランス美容師の業務の違いとは? 最近、サロンに雇われない“フリーランス美容師”という新しい働き方が話題になっています。 「でも、そもそも雇われ美容師とフリーランス美容師の違い ...

続きを見る

 

-フリーランス

© 2020 フリ美 Powered by AFFINGER5